卒乳時期はママのスタイルアップ準備期間! 簡単♪ 美胸マッサージを取り入れよう!

2017.02.10

授乳中に減少した女性ホルモンの
分泌量が徐々にもとに戻る時期

妊娠中から出産、授乳中にかけて、女性ホルモンの分泌量は大きく変化します。
妊娠中は、女性ホルモンの分泌が増えますが、出産すると更年期と同じくらいまで少なくなり、授乳中にまた徐々に増加していきます。そして、卒乳時期になると妊娠前と同じような状態に戻っていくのです。この女性ホルモンの分泌量の変化によって、ママの身体にはさまざま変化が起こります。

授乳中は母乳を出すプロラクチンというホルモンが出ています。このプロラクチンには排卵を抑える作用があるので、個人差はありますが、基本的に月経は来ません。そして、授乳が終わるころにはまた月経が来るようになります。
このホルモンバランスの変化によって、妊娠中から大きくなっていたバストも卒乳時期には妊娠前と同じくらいに戻ってきます。

■女性ホルモンの分泌量の変化

卒乳し、体形がもとに戻るタイミングに合わせ、下記のような美胸マッサージを取り入れるのもおすすめです。ジェルやクリーム、オイルなどを使用すると手のすべりが良くなり、心地良くマッサージすることができます。リフトアップに効果的なマッサージで、卒乳後のスタイルアップを目指しましょう!

■美胸マッサージ

両手の親指と人差し指で皮膚をつまんではパッと放すという動きを、鎖骨の下からバスト上部まで、リズミカルに繰り返します。
わきの下やバスト下部のあたりも同様につまんで放すを繰り返します。
お腹のお肉もバストにする気持ちで、脇腹からバスト全体を片手で持ち上げるようにマッサージします。1~3を3回繰り返しましょう。

ママ年齢 1.5歳にオススメ商品

合わせて読みたいコンテンツ